海外ブランドのマザーズバッグやベビーグッズを海外通販でお得に個人輸入する情報を発信しています。

海外ブランドマザーズバッグ&ベビーグッズ海外通販情報サイト【バーバリーチルドレン・クロエ】

マザーズバッグを選ぶ5つの基準

CHIC-DIAPER-BAGS-FROM-PERRY-MACKIN

マザーズバッグを選ぶ5つの基準

ベビーB
マザーズバッグは何を基準に選んだらいいのかな?
Mrsバイヤー
マザーズバッグを選ぶ基準は複数あり、ママのライフスタイルやベビーの月齢によっても関係してくるわね。ここに5つのポイントをあげてみましたよ。

 

赤ちゃんを連れてのおでかけは荷物もたくさん

マザーズバッグを選ぶ上で、主にチェックしたいポイント

容量 -どのくらい荷物が入るか

機能 -使い勝手の良さ

重量 -バック自体の重さ

 -どんなデザインがあるかな?

価格-

1.マザーズバッグの容量

赤ちゃんと一緒に外出する際にはママの荷物だけでなく赤ちゃんの荷物も携帯することになります。

おむつ、哺乳ビンなどたくさんのものを入れるため、容量は十分あるに越したことはありません。

特に2人目の場合は兄弟の分の荷物を持ち運ぶこともあるため大容量のバッグが必要になる場合もあります。

2.機能性は優れているか?

多くのものが入っても中が散らかると取り出す際に不便です。
ポケットや小分けが多いと整理しやすく、どこに何があるのか把握しやすいですし、取り出すのも楽です。

その他の機能面にも注目しましょう。
底ポケット、おむつマット(シート)などが付いていたり、保温や保冷機能、撥水機能、ベビーカーに取り付けられるフックなど、付属品が充実していたり、機能性に優れているマザーズバッグは多いです。
高機能なものほど快適、便利に使えますので、さまざまな商品を見比べて希望の機能が備わっているものを候補にしましょう。

3.荷物を入れた時の総重量を考える

ただでさえ多くの荷物を入れるマザーズバッグですので、重量はかなりのものになります。
バッグ自体が一般的なものに比べ軽量に仕上げられているものがありますので、荷物を持ち運ぶ負担を軽くしたい人はより軽いものにしたほうが良いでしょう。

お出かけに車の多いママなら多少重くなってもたくさん入る方が便利かもしれませんし、公共の交通機関を使うことが多いママならより軽い方が楽ちんでしょう。
ただし、軽いイコール弱い、耐久性のないものはいけません。
荷物の重さに耐え切れず持ち手が破れて取れてしまうようなものだと使いものになりません。

4.マザーズバッグの形

マザーズバッグには様々なデザインがあります。

トート型

ショルダー型

リュック型

ウエストポーチ型

個々に容量の大きさ、両手の使える・使えない、持つ・かける・巻くなどの違いがありますので、特徴をよく理解した上で用途に合ったものを選びましょう。

Mrsバイヤー
こちらも合わせて読んでみてくださいね。

マザーズバッグはどんなデザインがあるの?

 

5.価格もとっても大事

以上のポイントをチェックした上で最後に確認したいのが価格です。

一次的なものとして使うのか、ベビー期を過ぎた後でも長く使えるものにするか、大好きなブランドの中から選ぶかによって価格は変わってきます。

お金に余裕があれば、状況に応じて使いわけたり併用したりできるよう、複数タイプのマザーズバッグを購入しておくのも悪くありません。

Mrsバイヤー
子どもが生まれると出費が増しますので、家計を圧迫しない範囲でコストパフォーマンスの良いものを購入しましょう。

 

 

 

投稿日:

Copyright© 海外ブランドマザーズバッグ&ベビーグッズ海外通販情報サイト【バーバリーチルドレン・クロエ】 , 2018 AllRights Reserved.