海外ブランドのマザーズバッグやベビーグッズを海外通販でお得に個人輸入する情報を発信しています。

海外ブランドマザーズバッグ&ベビーグッズ海外通販情報サイト【バーバリーチルドレン・クロエ】

マザーズバッグにはどんなデザインがあるの?

チルドレンサロン買い物方法_イギリス個人輸入_マザーズバッグ_海外ママバッグ_ブランドマザーズバッグ_バーバリーマザーズバッグ10

マザーズバッグのデザインは大きく分けて4種類

一口にマザーズバッグといっても、複数の形・デザインがあります。

マザーズバッグのデザインは大きく分けて4種類です。

トートバック型タイプ、斜め掛けショルダーバッグタイプ、リュック型タイプ、ヒップバッグ型タイプのものが代表的です。

個々のメリットとデメリット挙げますので、今後マザーズバッグを買おうとお考えの人は参考情報としてお役立てください。

 

【トートバッグ型タイプ】

比較的容量が大きく、物をたくさん入れられる。

大きく口が開いて、必要なものを取り出しやすい。

荷物が多い時期にはとても便利

トートバッグタイプは比較的容量が大きく、ものをたくさん入れられる点が魅力的です。

大きく口が開くので、欲しいのもがパッと見で目に入り、必要なときに必要なものが取り出しやすいという利点があります。

デメリットとしては、片手で持つことになるので両手があくわけではありません。

トートバッグでもショルダー紐がついているデザインもあります。

 

【斜め掛けショルダー型タイプ】

肩にかけるため左右の手を使える

小ぶりなものも多く、半日程度のお出かけに適している

赤ちゃんを抱いたままでも荷物を取り出しやすい

ショルダーバッグタイプですが、斜め掛けができ、バッグを持つ必要がなく左右の手を使うことが可能になります。

また、赤ちゃんを抱いたままでも、中に入れているものの取り出しやすさに長けています。

ただ、たくさんものを入れていると片側の肩にだけ重量による負担がかかるため、長時間の使用時は逆の肩にかけ直さなければいけない大変さはあるでしょう。

 

【リュック型タイプ】

背負うタイプなので両手が自由に使える

両肩にかけるため肩への負担が分散される

リュック型タイプのマザーズバッグは背中に背負うため左右の手を使うことが可能です。

また、肩にかける部分のショルダーベルトは左右にあるため、片側だけの肩にのみ重量がかかることなく、重みや肩への負担が左右に分散されて体が楽です。

ただ、中のものを取り出すにはいったん降ろさないといけないので、横にもチャックがついていタイプのものが便利です。

【ヒップバッグタイプ】

腰につけるタイプなので両手が自由に使える

簡単に取り付けられお手軽

ちょっとしたお出かけに便利

ヒップバッグタイプのマザーズバッグは、腰に取り付けるタイプのバッグです。

容量は小さいですが、ウエストポーチのように簡単に中のものが取り出せるメリットがあります。

多くのものを入れられない弱点は、リュックなどとの併用でカバーできます。

おむつなど使用頻度の高いものはヒップバッグに入れ、あとのものはリュックに入れておけば、左右の手は自由に使えますし、必要なものをすぐに取り出せて便利です。

Mrsバイヤー
このように様々なデザインがあるので用途に応じて複数使い分けるのもいいかもしれませんね。

 

投稿日:2016年8月17日 更新日:

Copyright© 海外ブランドマザーズバッグ&ベビーグッズ海外通販情報サイト【バーバリーチルドレン・クロエ】 , 2018 AllRights Reserved.